『エアーポートで』

僕はまず始めに自己紹介をしておかなければならないだろう
そうしておかなければ、僕は全く相手にされないと思うから

僕はね、いろんな意味で責任を逃れた存在なんだ
だから東西南北どの方角にも僕の故郷と言うものは無いんだ
当然帰る場所が無いんだから、失うものは無い
ある散髪屋は言ったね
最近の若い者は失いたくない大切な人の存在がないから
関係が希薄なのだと

ねえ、どうしてだと思う
僕には大切なものがないんだ
『命捨てます』
って深夜のゴールデン街で叫んでみた時期もあったな

命は捨てるものかい?
それとも拾うものかい?
単純なビートを繰り返し聞いてると分からなくなるんだ

去年は眠り続けていた男が
今日今年は上のほうで見下ろしているんだからね

とにかく僕には責任が無い
名前もない
限定的な存在ではないんだ

一線を画したその先で
震えているちっぽけな存在

群生的に発生しては
言葉にならない信号を送り続けている
永遠のセンダー

フロム、君からの言葉を待ち続けているよ
あてもなく風のシンパシーを感じながら
 
それでは、さようなら
次の便で僕はおいしいコーヒーを飲みに出かけるんだ