『僕の中の風が吹く』

つずれ つずれ
影法師 踏んだ
踏まれたが鬼よ


僕の中の風が吹く

何度も最初で、何度も強く吹く

腐敗した心のように

寂しさ 積もる吐息に

怠惰に労働を繰り返す

毎日、これが最後で、日暮れまで

壊れちまった機械のように

言葉は僕を意味しない


  言葉未満の何かを歌い

台風の如く駆ける

「僕の中の風が吹く」

街行く人に言葉を放つ

君たち、僕は雄弁に無言なのだ


「僕の中の風が吹く」

言え、言えよ、言えったら

話す必要は無い

僕の頬は赤く上気して

飛べ今すぐ歪んだその翼拡げて

遊びつかれた君 窓から顔を出して

表情を消すな

心を探すな

虚無に足をすくわれるな

辿り着かない答えを探し

螺旋の衝動に 僕を惜しげもなくはだけて

空は青いとノートに刻む

骨の上に赤々と血を流して


生きている

止められない

英雄と同じ風が僕の中 吹いたのだ

吃と結んだその唇の

血飛沫の描くカーブを例とし 羽ばたく時

朽ちゆく因果

約束の死を

僕の中に風を吹かせ

思い出した

僕は台風 街をストライドしていく