一服しながら


静かに昇る太陽を見ていた
他には何もなくて
僕を縛り付けるものはなくて
ただひたすらに広がる空を見ていた

僕には何もない
あふれる言葉もないし
財布は空だし
地位も名誉もない
膝は震えているし
何かに追われている気分はなくならない

それでも、遠くに何かを見つけたくて
虹の向こうを目指して
夜を何度も通り抜けて
歩き続けて来た

多くの人と出会って
ハグしたり、酒を飲んだりした
長い眠りの後には、いつも君が起こしてくれた
世界はどこまでも広くて
いつも世界の真ん中でひとりぼっちの気分になってしまう

だから、立ち止まって
空を見上げるとき
静かに君を想うんだ
今頃、すでに空を飛べるようになったんじゃないかと